So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

偉人たちの健康診断「織田信長の隠れた病」 織田信長が健康だったのか? [身体]

http://arekorebibouroku.hateblo.jp/entry/2017/11/08/110000

太ももを鍛える強度の強い有酸素運動で生活習慣病を防ぐ
現代人は重心が後ろにある人が多い
信長の性格から分かる健康上のリスク

太ももの筋肉を鍛えるのが重要だそうで、急斜面や階段を上り下りすることで歳とともに衰えていく筋肉量を保ったり、増強させたりすることが期待できるそうだ。
平地でも速歩きや大股で歩く、ももを上げて歩くと少し良いようだ。

表を見ると、65歳で秒速1.5mで歩ければ、男性なら95歳、女性なら102歳あたりまで生きられそうだ。

浮き指を改善する方法が紹介されていた。

椅子に座り、足の下にタオルを縦に敷いて、それを足の指を使ってたぐり寄せるのである。

怒りは何かの行動を起こす原動力ともなるから、いちがいに悪いとは言えないが自分の健康にも人間関係や組織運営の点でもマイナスになることが多い。

だからアンガーマネジメントなどを学んで怒りを管理することが必要だろう。

共通テーマ:健康

45歳を超えても「疲れない体」と「折れない心」を持つ6つのコツ [葛西紀明]

https://curazy.com/archives/200830
1. 笑顔になれば、マイナス思考もなくなる
2. 汗を流すと、疲れも流れ出る!
3. 最高の結果は、最高の睡眠から!絶対に妥協しない!
4. やらない勇気も、明日へとつながる
5. 脳を疲れさせないようにすると、強いメンタルが身につく
6. ワクワク感と新たな挑戦が「折れない心」をつくる

体幹トレーニングで「姿勢を整える」
「10分のランニング」で、むしろリフレッシュする
「疲れない体」づくりのために、私がいちばん重視しているのが、この「代謝を上げる」ことです。
10日に1回の「サウナデー」
ストレッチで「下半身の柔軟性」を高める

葛西紀明が今もなお第一線で活躍し続ける理由
https://dime.jp/genre/407924/2/

共通テーマ:健康

アンガーマネージメント 2 [リラクゼーション]

◎間違っていることに対しては自信を持って怒る
◎「あとで後悔するか」で線引きをする
◎自分は相手に何をしてほしいのか認識する
ステップ1:怒ってしまったら6秒待つ
ステップ2:「べき」ではなく「許せるか」で考える
ステップ3:自分で変えられることにだけ注力する

1.持続性のある怒り
過去のことが許せない持続性のある怒りです。

余計なことを考えないように、“今に集中する”ことです。
たとえば、歯磨きの際に利き手と逆の手を使ってみるとよいですよ。

2.強度が高い怒り
一度怒りはじめると歯止めがきかずに激しく怒鳴ってしまうような強い怒りのことです。

イラッとしたら自分の怒りを10段階であらわす「怒りの温度計」をつけて、どのくらい怒っているかを考えてみましょう。
穏やかな状態を0、人生最大の怒りを10として、自分の怒りの程度を理解できれば必要以上に強く怒らずにすみますよ。

3.頻度が高い怒り
頻度が高い怒りとは、気持ちがささくれ立っている状態です。
聞くものや見るものすべてに引っかかってはイライラしてしまい、ちょっとしたことで怒ってしまいます。

気分転換やリラックス方法をいくつか用意すること。
ただ、やけ酒、やけ食いは新たなストレスになってしまう可能性があるので避けるようにしてくださいね。

4.攻撃性がある怒り
攻撃性がある怒りは、その矛先が「他人」「相手」「モノ」のいずれかに向かいます。
他人に向くと、人とぶつかり、健全な人間関係が築けなくなり、自分に向くと怒り下手な傾向になってしまうんです。

自分が怒りそうだなと感じたらその場を離れたり、深呼吸をするなど気持ちを落ち着かせる努力をしましょう。

① 怒りを覚えたら数を数える
② 怒りを感じたらまずは深呼吸
③ 頭を「空洞」にしてみる 「やめ!とめ! ストップ!考えるな!」というように自分に命令する感じで強く念じるのがコツです
④ 怒りから意識を他に集中させる 例えば、上司に理不尽な非難を浴びている時、上司の向こうに見える時計に意識を集中させるといった方法。
とにかく5秒間別のことに意識を集中させるだけでも、気持ちが変わりますのでぜひ試してみてください。

共通テーマ:健康
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。